Line her nose Japanses Line her nose
American West Coast British
BLUE MOON VOILLER Who's YAMPO
”有頂天”

SON HOUSE

 
N E X T H O M E B A C K
 
 キング・スネーク・ブルース
 借家のブルース
 風よ吹け
 もうがまんできない
 レモン・ティー

 ロックンロールの真最中
 ミルクのみ人形
 地獄へドライブ
 スーツ・ケース・ブルース
 なまずの唄
 夢見るボロ人形

 1975年6月25日にリリースされた我らがSonHouseの1stアルバム。キング・スネーク伝説にも書いているように、この黄色のシルエットにこだわっとりました。22年の歳月を経て、ついに「有頂天」のジャケットに息吹を吹き込める悦びを感じています。
 鮎川誠の「キング・スネーク伝説」こぼれ話し。
「有頂天」のレコーディングの時もプロデューサー・ジョニー野村が、エディ蕃をスタジオに連れて来た。(その前のデモ・テープの時はピアニストを連れてきた)ゴールデン・カップスの「銀色のグラス」も好きだったし、エディ蕃のギターにもぶっ飛んでいたけど、彼がレコーディングに入るのか、アドバイザーとしてなのか、それともジョニーが友人なんだとひけらかして連れてきたのか、結局真意は判らなかった。スタジオで彼がサンハウスに入っても出番は無いと思っていた。俺達のレコーディングを聞いて、エディ蕃は自分の出番はないという顔をしてくれていたから、安心した。
 ジョニーは、次にミッキー吉野を連れてきた。もうしょうがないか、なんかさせんと次は何を連れてくるか判らん思った。「レモン・ティー」にキー・ボードでビイーッと入れてと言ったら、ミッキーにも意地が有るのやろうけど、フレーズを弾こうとしていたので、俺、鍵盤にピックをはさんで、「これでいいやろっ」と言うた。レコードで聞く事が出来るあのビョーンという音になった。
 Sheena & Rokketsでかっこいいステージを見せてくれるけど、人の良さそうなマコちゃんや菊たちが、サンハウスの意地で作った最初のアルバム。あらためて、名曲「レモン・ティー」を聞きなおしてみませんか。

 Attention!!
  「博多のロックを作った野郎ども」の最新CDがリリースされる。
 7月25日 Sheena & Rokkets New album タイトル未確認
 8月25日 Ruby ”Voiller”Distribut by EastWest Japan

  
 
Line her nose Japanses Line her nose
”The Cover Special”  
N E X T H O M E B A C K
 
柴山俊之、PANTA、仲野茂、Johnny Thunders、ケラ、白浜久、石橋凌が歌い、下山淳、奈良敏博、川嶋一秀、野島健太郎、西田昌史、岩永凡、鈴木慶一、菊池琢巳、中山努、中谷宏道、Cou、西山嘉治、花田裕之、KEITH、寺岡信芳、藤沼伸一、小林高夫、忌野清志郎、池畑潤二、かまやつひろしがプレイした1988年2月6日、
渋谷公会堂でのライブ・アルバム。
 Light my fire, I'm a man, Lemon tea, Virus capsule
The End/T.N.K/Somebody to love/The End
Me que me que, Money, Route 66
Joey, Steppin' stone
All right now, Have you ever seen the rain
Gesang des soldaten der roten armee/鼻からちょうちん
 Born to be wild と、なつかしいロック・ナンバーが・・・・・
日本のロック・シーンの創生期を作ったロッカーや彼らに続いたロッカー達がギターを弾き始めた頃、歌い始めた頃レコードを聞いてコピーしていた曲の数々を一堂に会して、彼らがかつて真似ていた曲を自分のものとして心行くまで楽しみながらプレイした。
 アナーキーを経てロック・バンドのギタリスト藤沼伸一らが柴山、パンタに呼びかけて、1987年5月、新宿ロフトで最初の"The Cover"というライブを行った(兜蟹精神の始まりか?)。
 このCDは、"The Cover"三度目のステージを収めたものだ。"The Cover Special"は関東では、CD未収録おもしろシーンたっぷりでテレビでも放映されていた。
サンハウス、頭脳警察で歌う菊やパンタには見られなかった素顔を見せてくれるように思える楽しいCDだ。
 
N E X T H O M E B A C K
American West Coast British
BLUE MOON VOILLER Who's YAMPO